在宅で副収入稼ぐ方法

提携広告

 

ネットや在宅でできる副業には、どんなものがあるのでしょうか?忙して時間が無い人や専業主婦だって、家に居ながら簡単に始めることができる方法があります。本ページでは、今日からでも始めることができる方法を紹介しています。興味がある方は是非チャレンジしてみてはどうでしょうか。

 

提携広告

FXとは(広告リンク有)、「Foreign eXchange」の略称です。正式には外国為替証拠金取引(外為)を意味します。米ドルやユーロなどの異なった2つの通貨を売買して差益が発生する金融取引のことで、為替レートの差額が儲けになります。

 

例えば、「1ドル=120円」のときに12万円で1,000ドル買います。円安で「1ドル=130円」になったら、手持ちの1,000ドルは13万円に交換することができ、1万円得をします。逆に「1ドル=110円」の円高になると、手持ちの1,000ドルは11万円にしかならず、1万円を損します。

 

24時間取引可能なところも魅力的です。株式投資の場合、日本では9~15時までが売買時間となっていますが、FXは24時間取引が行われています。世界中のどこかで通貨は売買されていますので、日中は忙しくしている人でも帰宅後に参加することが可能です。システムによるトレード(広告リンク有)も人気があります

 

提携広告

 

FXが通貨を対象として行われる取引に対して、株式投資(広告リンク有)は企業を対象とするものです。

昔は株を注文するために、証券会社の窓口へ出向いたり電話で注文する取引でしたが、今はパソコンやスマホで簡単に誰でも簡単に株式投資を始める事ができます。近年では、比較的少額の資金でも取引が出来る(広告リンク有)ような取り組みも活発に行われたため気軽に取引できる投資となりました。
 

株は会社の一部。会社は資金調達のために株券を発行し、投資家が株を買うことで生まれた資金を基に事業を拡大・展開します。株券を購入して株主となることは、その会社のオーナーの一員になるということです。株主がある会社の株を多く持てば持つ程、その会社に対する株主の権利も大きくなります。
 

会社は株主から調達した資金を株主に返す必要はありません。その為、株主が利益を得るためには、買った株をより高い値で他の株主に売る必要があります。

 

株主を利益を得るには、いくつかの方法があります。株券を購入した後にその会社が大きく成長すれば、株価が上昇し、その会社の株を購入したい人も増えます。そのタイミングで株式を売却すれば、株価が上昇した分だけあなたに利益が入ることを「キャピタルゲイン」と呼びます。また、会社が順調であれば株式を売却しなくても、会社から支払われる所有する配当金によって利益を上げることが可能です。

 

提携広告

 

証券会社を大きく種類分けすると、総合証券とネット証券(広告リンク有)の2つにカテゴライズされます。

 

ネット証券は、取引を機械化することによって手数料を安く抑えています。口座管理料がかからないこともメリットです。また、スマホやPCさえあれば、いつでも取引を行う事ができる手軽さが忙しいサラリーマンなどにうけています。注文は24時間受け付けているので、初心者やベテランに関わらず使い勝手の良いサービスでしょう。

 

反対に、証券会社初心者であれば総合証券の方が良いという方が多いかもしれません。なぜなら、知識が豊富な担当者からアドバイスを貰ったり相談したりと手厚いサービスを受ける事ができるからです。大きなミスをしてしまいそうな時も、止めてくれる担当者がいることは大変心強いと思います。その代わり、手数料はネット証券と比べて大変高額になります。

 

とりあえず始めてみたい人には、気軽に開始できるネット証券をお勧めします。

 

提携広告

 

投資が初めての人、自信がない人、忙しい人にぴったりなのが、投資信託(広告リンク有)です。
 

投資家から資金を集め、投資家の代わりに運用のプロであるファンドマネジャーが株式や債券などに投資・運用し、投資家に生まれた利益を還元することを投資信託と呼びます。ファンドマネジャーが投資判断から取引までを代理で行うので、投資家は資金を預けるだけです。

 

投資信託の長所といえば、資金が少なくても、世界中の様々な投資対象に少額から分散投資できることです。株式投資などは、購入時にある程度まとまった資金を必要とすることが多いです。また、投資信託では、個人では投資しにくい国・地域や資産に投資することを可能とします。

 

もちろんメリットばかりではなく、投資が上手くいかなかった場合には、投資した金額を取り戻せないこともあります。

 

Rate this article: 
No votes yet